水漏れの原因を探ってセルフ修理!

マイホームの購入は長い人生で1度あるかないかといった形で、非常に大きな買い物です。
埼玉県でマイホームを購入するとなると費用も高額なので、20年から30年以上といった長期の住宅ローンを組んで購入する人が多かったりします。
ですが折角、長期のローンを組んで新築を購入しても住み続けて行く内に徐々に老朽化して不具合が生じる事が少なくありません。
特に水漏れは、発生したら放置せずに出来るだけ早く対処すべきです。

我が家で再び水漏れ…

水漏れを甘く見て放置していると、家の急激な劣化へと繋がってしまうのできちんと修理する必要があります。
そんな風に我が家で水漏れが起きた場合の対処法としては、専門の修理業者を呼ぶという方法が一般的です。
専門の修理業者であれば原因をきちんと突き止めた上で、再び不具合が生じない様に対処してくれる可能性が高いと言えます。
ただし専門業者であれば絶対に安心かと言うと、そういう訳ではありません。
料金はしっかり請求しながらも、いい加減な修理を行う業者も存在するので選ぶ際には注意が必要です。
いい加減だったり悪質な業者を選び出してしまうと、修理してしまった箇所が再び水漏れを起こしてしまう事があります。
再び専門業者に依頼するとなると、お金が掛かるので金銭的に辛いという人も珍しくないです。
修理したはずの水漏れが再び起きた場合は、その原因を自力で突き止めるべく調べてみる事をおすすめします。
原因さえ突き止める事が出来れば、自力で修理出来る可能性が生まれるので再び専門業者に依頼するよりも安い費用で修理する事が可能です。

シールテープがとっても便利

もっとも自宅の水漏れを自力で修理したいなら、漏れている場所をきちんと正確に突き止めて対処しなければなりません。
正確にその場所を特定しないと、対処する方法はないのでその点は慎重に原因箇所を探る必要があります。
原因箇所を上手く見付ける事が出来たら、重要なのは如何に水漏れに対処するかです。
水漏れが生じる原因として多いのが、蛇口に不具合が生じて根元等からポタポタ垂れてしまうケースだったりします。
その原因として多く発生するのが、蛇口と給水管の接続部に隙間が生じてしまう事です。
この隙間を埋める事が出来れば、不具合を改善する事が出来ます。
シールテープを使用すれば、蛇口のそういった不具合は直ぐに改善可能です。
シールテープを蛇口の根元にある給水管との接続部に巻くだけで、隙間を埋める事が出来ます。
しかも使い方も簡単で、接続部をねじ込む向きに合わせる形で時計回りに巻いていくだけです。
この様にシールテープを巻くだけで、蛇口からの水漏れは改善出来るので非常に便利だと言えます。

 

水道トラブルをお得に解決!

毎日使う水道は、ライフラインであり水漏れやつまりなどの水道トラブルがあると生活に大きな支障が出てしまいます。
水道トラブルが起きると、毎日普通に送っている生活がストップしてしまうだけでなく修理に時間とお金がかかり、二重三重の浪費になってしまうのです。
長い間生活をしていると一度や二度は水道トラブルに見舞われるものですが、実際に水道のトラブルが起きてしまった経験から実感した大変さと解決の方法は今後も生かせると自負しています。

我が家でも水漏れが発覚

日ごろから節約が趣味なので、自分でできる点検やメンテナンスは自分で行い、トラブルが起きてしまった場合には最小の被害で済ませることができるように先手を打っているつもりでした。
我が家で発覚した水漏れは、まさに寝耳に水で兆候に気が付くことができず、気づいたときには自分で修理をするのは無理という状態でした。
ボイラーにつながっている給排水の水道管が洗面所の壁に這うように設置してあるのですが、水道管の前にボイラーと洗濯機を置いていたために水漏れしていることに気付くのが遅れ、気づいたときには大きめの水たまりができており、拭きとってみると床にシミのようになってしまっていたのでショックを受けました。
どこから水漏れしているのかと思って調べてみると水道管で染み出すように水が少しずつどこからか湧き出ている状態でお手上げになってしまい修理を依頼することに即決です。
お手上げの時には、被害が広がらないうちにプロに頼むというのが私の中での節約になっています。

 

時は金なり!素早い業者さんに頼めば時間を節約できる

すぐにプロに頼もうと決めたところまではよかったのですが、水道トラブルは初めてだったので知っている業者はなく、インターネットで探すことにしました。
探している間も、水漏れは絶え間なく、拭いてもすぐに水たまりになるような状態で、染み出しているような水漏れの量は徐々に増えているように感じました。
このままでは、パートも休まなければならないとため息をつきながら、いくつかの業者に続けて電話を掛けました。
いくつかかけて分かったのですが、すぐに来てくれる業者は意外と少なく、2~3日後とか1週間近くかかる業者もいて、このまま水漏れのことを気にしながら何日も床拭きをして過ごすことがゆううつになってきたときに、これからすぐに行くことができるという業者を見つけて即決しました。
料金もリーズナブルで対応の早さと料金は関係ないことも分かりました。
素早い業者さんに頼めば、時間を節約することができていらいらやゆううつもすぐに解消されます。
時間をかければ安いわけでもないので、素早い業者さんに頼むことが節約になるというのが結論です。