浮上油回収装置は節約しないでほしい!

環境問題は日本でも関心を集めています。
地球環境を保全するためには、工場などから排出される油廃水は分離槽で処理して排出する必要があります。
浮上油をきれいに取り除くことができる装置が浮上油回収装置です。
機械を運転していると、機械の作動油や潤滑油などの汚れがタンク内に流れることがあります。
タンクの蓋を開けると液面にドロドロした浮上油があり悪臭がして驚く人もいます。
浮上油を放置したまま加工を続けると、機械にも悪影響を及ぼします。

公害事件の資料を読んで怖くなりました

工作機械の加工液は90%以上が水なので、油がタンクに混入すると油が浮かんできます。
液が腐敗してフィルターが目詰まりを起こすと加工にも影響がでます。
工作機械は機械の摩擦を抑えるために作動油や潤滑油を使っていますが、この油がタンクに混入すると排出されずにタンクに浮上して膜ができます。
膜は液体と空気を遮断して空気を嫌うバクテリアを大量に発生させます。
バクテリアが液体を腐敗させると悪臭が生じます。
機械加工工場で悪臭がすることがありますが、悪臭の原因は腐敗した液体です。
地球環境に興味を持っている主婦としては、工場からの排水に注目しています。
公害事件の資料を読んでいると、怖くなることがあります。
公害を防ぐためには、工場の経営者や労働者はもちろん日本に住むすべての人が環境のことを考えることが大事です。
浮上油は工場排水の貯水槽など様々な排水槽や貯留槽発生するので、浮上油回収装置を設置しているケースも多いです。

綺麗な状態で排水して欲しい!

環境のためには綺麗な状態になるように前処理をして排水する必要があるので、浮上油回収装置は高品質の装置を使って欲しいです。
日本では様々なメーカーが浮上油回収装置を製造しています。
浮上油回収装置のしくみはシンプルです。
装置の吸い込み部分から吸引された浮上油には切削液が混ざっているので、浮上油と切削液を分離します。
切削液は貯留槽に戻り、浮上油は回収されることになります。
浮上油回収装置を選ぶ場合は、製品の品質が高いだけでなくサポートなどのサービスも重要です。
メンテナンスやサポートがしっかりしている会社であれば、機械が壊れてしまった場合や装置の修理が必要になった場合でも迅速に対応してくれます。
浮上油回収装置を設置したい場合は電話やメール、ホームページの問合せフォームから製造元に連絡することができます。
優れた浮上油回収装置を多くの工場が使えば、現在よりも環境がよくなります。
環境がよくなれば子供たちの未来にとっても安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です