水漏れの原因を探ってセルフ修理!

マイホームの購入は長い人生で1度あるかないかといった形で、非常に大きな買い物です。
埼玉県でマイホームを購入するとなると費用も高額なので、20年から30年以上といった長期の住宅ローンを組んで購入する人が多かったりします。
ですが折角、長期のローンを組んで新築を購入しても住み続けて行く内に徐々に老朽化して不具合が生じる事が少なくありません。
特に水漏れは、発生したら放置せずに出来るだけ早く対処すべきです。

我が家で再び水漏れ…

水漏れを甘く見て放置していると、家の急激な劣化へと繋がってしまうのできちんと修理する必要があります。
そんな風に我が家で水漏れが起きた場合の対処法としては、専門の修理業者を呼ぶという方法が一般的です。
専門の修理業者であれば原因をきちんと突き止めた上で、再び不具合が生じない様に対処してくれる可能性が高いと言えます。
ただし専門業者であれば絶対に安心かと言うと、そういう訳ではありません。
料金はしっかり請求しながらも、いい加減な修理を行う業者も存在するので選ぶ際には注意が必要です。
いい加減だったり悪質な業者を選び出してしまうと、修理してしまった箇所が再び水漏れを起こしてしまう事があります。
再び専門業者に依頼するとなると、お金が掛かるので金銭的に辛いという人も珍しくないです。
修理したはずの水漏れが再び起きた場合は、その原因を自力で突き止めるべく調べてみる事をおすすめします。
原因さえ突き止める事が出来れば、自力で修理出来る可能性が生まれるので再び専門業者に依頼するよりも安い費用で修理する事が可能です。

シールテープがとっても便利

もっとも自宅の水漏れを自力で修理したいなら、漏れている場所をきちんと正確に突き止めて対処しなければなりません。
正確にその場所を特定しないと、対処する方法はないのでその点は慎重に原因箇所を探る必要があります。
原因箇所を上手く見付ける事が出来たら、重要なのは如何に水漏れに対処するかです。
水漏れが生じる原因として多いのが、蛇口に不具合が生じて根元等からポタポタ垂れてしまうケースだったりします。
その原因として多く発生するのが、蛇口と給水管の接続部に隙間が生じてしまう事です。
この隙間を埋める事が出来れば、不具合を改善する事が出来ます。
シールテープを使用すれば、蛇口のそういった不具合は直ぐに改善可能です。
シールテープを蛇口の根元にある給水管との接続部に巻くだけで、隙間を埋める事が出来ます。
しかも使い方も簡単で、接続部をねじ込む向きに合わせる形で時計回りに巻いていくだけです。
この様にシールテープを巻くだけで、蛇口からの水漏れは改善出来るので非常に便利だと言えます。

おススメのサイト
自分で水漏れ修理が難しそうなら業者に相談
埼玉県の水漏れや水道修理・工事なら「住まいる水道」さん

ママ友の水漏れ対処に駆り出され…

ママ友同士の付き合いは、相手次第では結構深いところまで行ってしまうものです。
ただ、それほど深い関係でなくても困っているママ友がいた場合には助けざるをえません。
もしかしたら自分が困った時に助けてくれるかもしれないからです。
これは決して打算的な話ではなく、人間関係を良好にするための一つの駆け引きのようなものです。
子供のおかげでつながっていますので、子供のことも考えつつ行動することが重要でしょう。
実はこの間は、ママ友の水道水漏れにつきあわされました。

「水道業者を利用したことがある」という理由だけで電話で呼び出される

ママ友でも自宅の距離が遠い人とはこのような関係にはなりませんが、同じマンションの中に住んでいる人であれば、突然呼び出されることもあります。
そもそも我が家では水道関係の仕事をしていた人はいませんので、突然呼び出されても対応できずに困ってしまいます。
なぜ水道に関して素人の人間を呼び出したか気になって聞いてみましたが、どうやら我が家で水道の修理業者を利用したことがあるからといった理由で呼び出したようです。
つまり、素直に解釈すればよい水道業者を教えてあげる流れになるでしょう。
そこで、以前利用したことがある水道業者を紹介することにしました。
その水道業者自体は普段から付き合いがあるわけではありませんが、業者の名前ははっきりと覚えています。
自分の家で修理を行ったときは、トイレが壊れたときでした。
修理自体は確か30分程度で終了しましたので、あまりはっきり覚えていません。
ただ、同じ業者を呼んでも同じ担当者は来るとは限りませんので、本当にそのような対応でよいのかよくわかりませんでした。

おススメのサイト
水廻りのトラブルで専門業者を呼ぶならコチラ
千葉県で水道水漏れ修理なら住まいる水道さん

結局業者が帰るまで帰らせてもらえなかった

水道業者の連絡先を教えたところで帰宅しようと考えていましたが、そのママ友は私を帰らせてくれません。
どのような修理をしたかや、どれぐらいの料金がかかったかを教えてほしいと言われました。
1年以上前のことなのではっきりと覚えていませんが、料金は確か1万円ぐらいだった記憶があります。
修理内容に関しては、さすがにつきっきりで見ていたわけではありませんのではっきりと覚えていませんが、車から道具を運んできて修理をしていたことは覚えています。
ですが、そんな月並みのことを話したとしてもいったいなんの役に立つのかわかりませんでしたので、「修理内容は覚えていない」と素直に答えました。
そうこうしているうちに、業者さんの方が来ました。
以前に担当した人とは違う人だった気がしますが、正確には覚えていないのは歳をとったからでしょう。
なぜかそのあとリビングでお茶とお菓子が出されて、結局修理が終わり業者が帰るまで帰らせてもらえませんでした。

絵画教室で絵を学べば、節約どころか儲けも出るかも!

節約をしているとやりたいこともできない生活をしていると思われがちですが、お金をかけずとも色んなことはできますし、楽しいことを考えることもできます。
普通は習い事にはお金がかかったりしますが、東京にはたくさんの教室があるだけにいくらでも無料体験をすることができますし、本格的に習うにしても安く教えてくれるところを見つけるのは難しくありません。
最近は絵画教室に興味をもつようになり、趣味としてだけではなくビジネスにもなるのではと考えるようになりました。

東京なら「絵を描ける」ことをビジネスにしやすい

日本の中心である東京というのは、人の数がたくさんいますから何か人より優れた特技があればそれをビジネスに繋げることは難しくありません。
絵を描くというのは誰にでもできることですが、ビジネスに繋げるレベルというのは誰でもできるものではないので、人より少し良い絵を描くことができるだけで可能性は広がります。
競争相手も多いので、単に上手ければお金になるということはないものの芸術の世界は人によって好みがありますからとびきり上手い絵でなくてもその人にしかない個性を感じられれば、気に入ってもらえたりするものです。
ですから、最低限のものが描けるというスキルさえ身につけることができれば、絵画がビジネスに繋がるのでは思います。
無料や格安で教えてくれる絵画教室に通ってみて、そこで絵のスキルを身につけて更にそこからビジネスに繋げれば生活の質を上げることができるだけでなく、お金も稼げるのでまさに一石二鳥と言えるのではないでしょうか。

絵を売る妄想まではしましたが…(笑)

絵画教室に通って絵を覚えて、売るのは面白そうと妄想に浸っているものの現実は厳しいもので、色々壁があることもわかりました。
絵画教室はたくさんあり、無料体験ができる場所も多いのでちょっとしたことはすぐ勉強ができますし、通い続けるにしても手頃なレッスン料で通えるところは少なくありません。
しかし、絵画は絵を描くための道具にお金がかかりますから、消耗品費が大きく儲けが出るまで出費が続いてしまいます。
一番の問題はビジネスに繋がる可能性はありますが、実際に売れるかどうかというと難しいところがあり、道端で自分で描いた絵を販売してもたまに買ってくれる奇特な人もいるかもしれませんが、儲けが出るほどに売れるかというと無理があるなと思いました。
おそらくは画材にかかる費用も回収できずに終わってしまいますから、絵を描いて儲けるというのは難しいかなと現実を直視することになったのです。
それでも、儲けることができなくても消耗品費の一部を回収できるなら、お金をかけない趣味としては良いかなと思ったりもします。

おススメのサイト
東京の絵画教室をお探しなら新宿へどうぞ
メッツ絵画教室は個別指導であなたをサポート